クレジットカードを取得するには?クレジットカードの取得条件

クレジットカードは今日の買い物の必需品です。分割払いや各社のキャンペーンのおかげで、世界中のユーザーの数を増やすクレジットカードは、ショッピングの世界での地位を日々強化しています。クレジットカードの取得方法に関する記事を読むと、必要な要件をすべて学習できます。

◆クレジットカードの取得条件
クレジットカードはカード会社から資金を借りることができるツールです。貸す側のカード会社は申請者に対し、借した債務が返済されることを確認したいと考えています。このため、カード会社はクレジットカードの申請を審査する際にいくつかの条件を定めています。

高校生以上の18歳以上、安定した収入があれば誰でもクレジットカードを申請できます。また、学生の場合は親権者がクレジットカード契約に署名することを条件に、クレジットカードを受け取ることができます。年金受給者の場合には、年金が収入とみなされるため申請が可能です。条件さえ揃えば専業主婦でも申請ができます。クレジットカードの発行には安定した収入を必要とし、その証明が必要です。また、クレジットカードを取得するには、平均的な信用情報が必要です。信用情報は、ローンやクレジットなどの取引においての支払状況や利用残高などが記録された情報であり、借金などの情報が記録されています。クレジットカードの申請は利用した額が返済されるか重点におかれているため、以前に使用したクレジットカードからの借金がないことが重要です。法的手続きを行っていないこと、借金のない状況にあることが重要です。

以上の内容を証明するために以下のものをカード会社は確認します。
・学生でなく安定した収入があるのか、カード会社へ証明する必要があります。カード会社によって必要最低限の額などの基準は異なるため、A社では審査が通らなくても、B社では通る場合があります。収入を証明するために、収入証明を提出します。
・審査の際にはカード会社が申請者の信用情報を確認し、過去、そして現在と、他社とで金銭的なトラブルがないか確認します。
・18歳以上であるか、また、身元を確認するため、運転免許証など写真付きの身分証明書を提出する必要があります。

◆クレジットカードの申請方法は?
クレジットカードを申請するには、カード会社の申請書に必要事項を記載の上、収入証明や身分証明書などカード会社が要求する書類をいくつか提出する必要があります。その後、カード会社による信用情報の確認を得て、発行に対しての可否が告げられます。申請が承認されると、カードが住所に郵送されます。この流れはどのカード会社でも同じです。

◆複数枚の取得について
複数のクレジットカードを所有することをお勧めします。予備のクレジットカードは、緊急時に使用できます。また、クレジットカードの所持数に制限はありませんが、取得の度に審査を必要とします。

自分にぴったりのクレカ探し。クレジットカード比較サイト