クレジットカードの使用方法

クレジットカードは買い物をより簡単にし、さまざまな利点を提供します。 制限を正しく設定し、付帯サービスを有効活用することで、購入の収益性を高めることができます。最もよく知られているカード支払いシステムの1つは、Visa、Mastercardです。これらは国際ブランドと呼ばれ、カードに記載されているマークと支払先の店舗などが加盟している国際ブランドが合致していれば、手元のクレジットカードでの支払いができます。

◆クレジットカードポイントの使用方法
クレジットカードを利用して貯めたポイントは、各カード会社が提供する賞品や割引に交換し活用することができます。このポイントは失効期限が設けられており、一定期間が経過すると古い時期に取得したポイントから失効するため、カードを継続的に利用し、失効前にポイントを使い切るようにすると無駄なく活用できます。

◆クレジットカードを取得するには?
クレジットカードを申請するのは非常に簡単です。大まかな流れは以下の通りです。

発行会社のウェブページまたは支店からも申請できます。
所得証明書、身分証明書のコピーなどの書類を提出します。
評価後に申請が承認されると、カードが住所に送付されます。

◆クレジットカードを使用する場合、何に注意する必要がありますか?
クレジットカードは使いやすさと付帯サービスの両方のおかげで有利なツールですが、間違った使い方は消費者を借金に追い込む可能性があります。クレジットカードを使用する際に注意すべき最も重要なことは、カードを使った際に実際に現金を置き換えることです。カード1枚で限度額内であれば買い物ができるため、現金を扱っている感覚がなく、返済能力を超えた利用をしてしまう可能性もあります。そうなると一時的な借金が膨らみ続け、将来的に返済不可能な状況になってしまうこともあります。これを回避するには、クレジットカードの限度額の制限を下げることです。

また、キャッシング機能が付帯されたクレジットカードであれば、国内のATMはもちろん、対応していれば海外のATMから現金を引き出すことができます。急な出費により現金が必要な時には大変便利な機能ですが、現金を引き出した時点で利息が発生します。この利息は他のローンに比べ非常に高いものであり、本当に必要な時以外は利用しないほうがよいでしょう。

クレジットカードを正しく使用することにより、クレジットカードを非常に有利なツールにすることができます。

自分にぴったりのクレカ探し。クレジットカード比較サイト