デビットカードのしらべ

デビットカードのメリットについて

このページでは、デビットカードのメリットについて説明します。

発行のための審査を必要せず、15歳以上以上であれば発行してもらえる

デビットカードはクレジットカードのような信用情報や収入などに関わる審査を必要とせず、中学生を除く15歳以上であれば発行してもらえます。また、デビットカードは発行元が銀行であり、支払いの仕組み上、預金口座と紐づけされているため、預金口座を持っていることが発行の条件となります。

信用情報や年収に関わる要因でクレジットカードの審査に落ちてしまった方であっても、預金口座さえ持っていればデビットカードは発行してもらうことができます。

利用方法はクレジットカードと同じ

デビットカードは、MasterCard、Visa、JCBの3つのうちのいずれかの国際ブランドと提携しています。使い方はクレジットカードと同じで、カードに印刷された国際ブランドの加盟店で利用することができます。また、一部の加盟店ではデビットカードの支払いを受け付けていませんが、利用できるお店のほうが圧倒的に多いのが現状です。そのため、大量の現金を持ち歩いたり、ATMから現金を引き出す手間を省くことができます。

使い過ぎの心配がない

「使いすぎてしまった」というトラブルは、発行元が一時的に立て替えてくれるクレジットカード特有のトラブルですが、デビットカードの場合には、このようなトラブルは起きません。冒頭にも書きましたが、デビットカードは預金口座と紐づけされており、預金口座内の金額の範囲のみの利用と限られています。また、キャッシング機能はなくショッピングのみの利用に限られ、常に一回払いのため、支払いが遅れてしまい、クレジットカードのように延滞金が発生してしまうリスクは起きません。

海外のATMで現地通貨が引き出せる

海外旅行など、馴染みのない土地で現金を持ち歩くのは不安と感じる人も多いと思います。デビットカードは海外のATMで現金を引き出した際、現地の通貨に両替して引き出すことができるため、両替の手間が省けるばかりでなく、必要な時に引き出すことができるため一度に大金を持ち歩く必要がなく、盗難などのリスクを減らすことができます。

ポイントやキャッシュバックなどの還元がある

デビットカードにもクレジットカードと同様に、ポイントやキャッシュバックなどの還元があるものがあります。還元率はクレジットカードより劣りますが、現金払いよりも断然デビットカードのほうがお得です。

保険や補償があるため安心

全てのデビットカードというわけではありませんが、一部のデビットカードでは、ショッピング保険や不正利用に対する補償が付いています。そのため、デビットカードで支払いをした商品が壊れてしまったというトラブルや、不正利用された場合でも、これら補償を上手に活用することで、万が一のトラブルで損をしてしまうという事態を防ぐことができます。

他の記事を読む