デビットカードのしらべ

デビットカードのデメリットとは

デビットカードのメリットについてこちらのページにて紹介しました。このページでは、クレジットカードと比べた場合のデビットカードのデメリットについて取り上げています。

口座の残高以上の利用ができない

クレジットカードの場合、自分の資金に関わらずカードに設定された限度額までの利用ができます。しかしデビットカードの場合には、カードに紐づけされた預金口座の残高が利用金額の上限となります。そのため使いすぎて支払いができなくなるというクレジットカードのようなトラブルは避けられますが、事前にその口座にお金を入れておく必要があります。

分割払いができない

デビットカードは常に一括での即時払いという仕組みのため、分割払いを指定することができません。

ポイント還元率が低い

ポイントが付与されるデビットカードの還元率ですが、クレジットカードと比べると低く設定されており、利用金額の0.1%~0.5%で設定されているカードが多く見られます。

利用できない加盟店もある

デビットカードはMasterCard、Visa、JCBの3つの国際ブランドが展開していますが、一部の加盟店ではデビットカードでの支払いを受け付けていない場合があります。特に定期払いでは利用できない場合がほとんどです。

補償の上限が低い

デビットカードにも買った商品に対しての保証や、盗難などによる不正利用についての補償が付与されているカードありますが、クレジットカードと比べた場合、その補償額の上限は低く設定されています。

まとめ

デビットカードのデメリットについてあげてみましたが、クレジットカードと比べた場合には、上記のように付加価値が低く設定されています。しかし現金払いと比べると、利点があるということには変わりはありません。

他の記事を読む