デビットカードのしらべ

デビットカードの申込や発行について

デビットカードは預金口座に紐づけされた銀行が発行するカードのため、発行には、その銀行の預金口座が必要です。

銀行口座を作るために

銀行口座を作るためには、印鑑と身分証明書が必要ですが、窓口でなくてもインターネットから申し込みを受け付けている銀行が多くなりました。

デビットカードを発行してもらうために

デビットカードの発行手続きは、インターネット、銀行の窓口、郵送、銀行提供のアプリから受け付けていますが、銀行口座の開設の際に申し込むか、既に銀行口座を持っている場合には、別途デビットカードの申込みを行います。特別な機能が付与されていないデビットカードであれば特に審査など必要とせず、中学生を除く15歳以上であれば、店頭やインターネットなどから申込みができます。本人名義の銀行口座と印鑑、身分証明書が必要となるため、申込の際には事前に用意しておきましょう。

また、デビットカードは銀行口座のキャッシュカードと一体型のものも存在するため、必要に応じて好みのものを選ぶと良いでしょう。

発行手続き後には

デビットカードの申込が完了し、申告内容に不備がなければ最大で2週間ほどで郵送でカードが送られてきます。

他の記事を読む