クレジットカードの番号はどういう意味ですか?

今日、世界でも、私たちの国でも、最も頻繁に使用される支払いツールであるクレジットカードですが、カードに記載されている番号の意味はご存じでしょうか。表面と裏面に記載されている番号は異なる意味と機能を持っています。この記事では、これらの各数値の意味を簡単に説明しています。

◆クレジットカードの表面にある数字の意味
クレジットカードの表面には14桁~16桁の数字があり、これを一般的にクレジットカード番号と呼びます。この番号には各桁数ごとに意味合いがあります。

このこれらの番号の最初の番号は、カードが使用する国際ブランドの支払いシステムを示しています。

●1桁目から6桁目までの番号
発行者識別番号と呼ばれ、発行事業者を表します。カードの種別によっては1桁目のみで発行会社が特定できます。

番号 発行事業者
34、37 American Express
4 Visa
51、55 MasterCard
35 JCB

●7桁から14もしくは15桁の番号
各カード会社から個別には発行される番号であり、顧客の口座番号を示しています。

●最後の1桁
クレジットカード番号の最後の番号は、チェックディジットと呼ばれるセキュリティ番号です。この番号は、アルゴリズム手法により、クレジットカード番号が有効な番号であるかどうかを確認するために使用されます。

◆クレジットカードの有効期限
クレジットカード番号以外にもカードの前面には一連の番号「xx / xx」が記載されています。この番号は、カードの有効期限を表し、月/年という意味になっています。たとえb、09/24と表示されている場合、カードは2024年9月に期限切れになり利用不可のカードとなります。

◆クレジットカード裏面の数字の意味
クレジットカードの裏面には署名欄の後ろに3桁の数字があります。これはオンライン購入での詐欺の可能性を排除し、完全なセキュリティを提供するために使用されます。

CVC:Mastercard支払いシステム
CID:Visa支払いシステム
CVV:Amex支払いシステム

◆他人にクレジットカード番号を知られた場合
他の人にあなたのクレジットカード番号が知られてしまい危険と感じたら、カード会社に連絡し、新しいカードを再発行してもらうことをおすすめします。

◆再発行や更新によりカード番号は変わりますか?
何らかの理由でカードが変更になる場合、安全を確保するためにカード番号も変更されます。

◆追加カードの番号は本カードと異なりますか?
追加カードの番号は、本カード番号とは異なります。ただし、発生した費用はすべて本カード宛に請求されます。

自分にぴったりのクレカ探し。クレジットカード比較サイト